ドッグフードの歴史

ドッグフードは1860年頃のイギリスから始まったとされています。当時の船乗り達の航海中の主食だったのがビスケットと塩漬け肉でした。ビスケットといっても現在のような柔らかくて甘いものではなく、固くて腐りにくいだけがとりえのものだったのです。航海が終わると波止場に捨てられたビスケットを野良犬が食べているのをみて即席の犬用の餌として活用されるようになりました。今でもビスケットイーターという仕事をしない番犬という意味の言葉があるそうです。

余談ですがサンドイッチも発祥がイギリスということを考えると時代の先端を走っていたことがよくわかります。ところは変わって1930年代になると米国で犬用の缶詰のフードが登場します。1930年代というと世界が戦争に向かって進んで居た時代です。それでもこの余裕があるのはさすがに米国ということがいえます。

さて、日本はというとそれが戦後になって米国から入ってきました。それまではというよりも戦後しばらくは人間が食べた余り物が犬の食事であった時代です。犬専用のいわゆるドッグフードは高度経済成長で生活にゆとりが出るときまで待たなくてはいけなかったのです。以上のことからもドッグフードの格的な発売は昭和40年代に入ってからのことです。昭和50年代に入ると犬の餌はドッグフードというのが定番になってきました。これはドッグフードのほうが手軽で有り、かつ衛生的であったことが大きな理由です。そしてもう一つは犬が好んで食べるかどうかが売上に大きく左右するようになり競争によって発展していったのです。

◎注目サイト
イギリスから直輸入しているグレインフリードッグフードの通販サイトです・・・グレインフリードッグフード